ページを選択

サクセスストーリー

グレース・ファインアート・アーティストのポートレート

グレースの誕生

小学生のときに絵を描き始めたとき、私は絵が下手だと言われた。
私は美術の先生たちから、独自の表現や独創的な考えを生み出すことができないと思われていた。

雲間から光を見つける

19歳のとき、私は幻視症と診断された。幻視症とは、精神的に映像を「見る」能力を阻害する病気である。 リンゴを思い浮かべてみろと言われても、私には黒さしか見えないだろう。 私は打ちのめされた。 突然、この無知のベールが取り除かれたように感じたが、その可能性は永遠に手の届かないところにある。 この創造性を視覚化する能力。

とはいえ、その間、私は大学で国際関係と人道法の勉強で忙しかった。 私はその可能性を手放し、重要なこと、つまり私たちが生活し、活動している世界を理解することに集中した。

そして、私のいわゆる心の盲目という悲しい事実が発覚してからちょうど1年後、私の心は求められるようになった。 2020年3月、世界は閉ざされた。 国境はいつ再開されるのか? いつになったら “元通り “になるのか? どのような決断を下すのか?

今、私はすべての答えを持っているわけではないが、パターンを通して人生を見ている。 コビド19は、何人かの選手にとっては時間を稼ぐチャンスだった。 私にできることは、”新しい普通 “に順応し、学校生活のために住んでいたカナダのオタワのパニックの中で正気を保とうとすることだけだった。

こうして私は再び絵を描くようになったが、今度は精神的な解放として自分のためだけに描くようになった。 私は、1年以上寝室で生活し、小さな裏庭や親しい友人たちと住んでいた家のイメージを描いていた。

自然とのつながりを取り戻す

2021年2月までに、個人的につながりのあった中米に行くことを決めた。 私はもっと頻繁に絵を描いた。 作品に取り組むたびに、自分の心がリラックスしていくのを感じ、その結果、自分の周りの世界を心象ではなく色で見るようになった。 草はもはやただの緑ではなく、光を放つ深いビリジアン・グリーンだった。 フェンスはただの柱ではなく、キャメルブラウンの豪奢な色合いだった。
さらに、自分の絵に使う色が、深く響くような、身体的、感情的な影響を与えることに気づき始めた。 アイボリーの黒にアマランスの赤を合わせると、フラストレーションと怒りが心の中にたまり、周囲に怒りをぶつけてしまう。 しかし、カデットブルーと柔らかなピスタチオグリーンを組み合わせると、私の心は穏やかになった。

行動を起こす

妹の後押しもあり、2021年夏、そこで初めてアートコレクションを販売した。 受け取ったお金は、今度の旅の資金になった。 そのコレクションを作り、色のインパクトを感じたことで、私は色彩心理の背後にある科学を深く学ぶという好奇心の旅に出ることになった。 旅行中、私は友人や同僚のために特注の絵を描き、ニカラグアではこの国の勤勉な女性たちに捧げる壁画まで制作した。

数ヵ月後にカナダに戻り、2022年4月に故郷のカルガリーで初個展を開き、私の正式なアートキャリアがスタートした。

呼吸を整え、輝き、周囲を鼓舞する

今、私はマインドフルネスを広めることを核心的な目標として絵画を制作している。 言葉やイメージは翻訳で失われることがあるが、色は文化を超える。 私が抽象画を描くと、10人の人が10通りのイメージを見ることになる。 しかし、それらのイメージは作品に込められた色の心理学に影響されるだろう。 人々が喜びを感じ、安らぎを感じ、そして愛されているとさえ感じられるような絵を描くと、その人たちは一日中、出会った人たちにポジティブな気持ちを広げていく。

私の目的は、空間の意図を調和させるために意図的に色をキュレートすることだ。

マインドフルネスを通して現代アートに革命を起こすために、私の色彩心理の知識を世界と分かち合いたい。

11 + 13 =