ルクセンブルクRAIFとルクセンブルクSICARの比較。その違いとは? - Damalion - Independent consulting firm.
ページを選択

ルクセンブルクは、海外の個人投資家や法人が、ヨーロッパをはじめとする海外にポートフォリオを拡大するための理想的なゲートウェイです。 オルタナティブ資産や規制対象の投資ビークルにサービスを提供する上で、最高の法域であることが証明されています。 外国人投資家やファンド設立者の間で最も人気のある仕組みは、RAIF(Reserved Alternative Investment Fund)とSICAR(Investment Company in Risk Capital)の2つです。

Reserved Alternative Investment Fund (RAIF)とInvestment Company in Risk Capital (SICAR)の主な特質と、それぞれの違いについて見てみましょう。

ルクセンブルグにおけるRAIFとSICARの比較表

 ライフ SICAR
適用される法令 2016年7月23日制定法(RAIF法)2004年6月15日制定法(SICAR法)
CSSFによる監督いいえ。 RAIFは、指令2011/61/EUに従って、ルクセンブルグ、他のEU加盟国、または第三国に設立することができる公認オルタナティブ投資ファンドマネージャー(AIFM)によって管理されなければならない。 はい。
対象資産 制限なし高リスクの投資、開発、証券取引所への上場など、リスクキャピタルを表す証券への直接・間接投資に限定される。

リスクキャピタルへの投資実行までの間、その他の資産への一時的な投資を認めています。
欧州パスポートはい、AIFM指令に基づくAIFM指令の対象となる場合、可能。
リスク分散要件リスク分散の要件はない。 リスク分散の要件は明確に定義されていないが、リスク分散の考え方に沿って運用する必要がある。

リスクキャピタルのみで投資した場合、リスク分散ができない。
エンティティタイプ 構造体は、オープンエンド型とクローズエンド型があります。

可変資本投資会社(SICAV)

固定資本投資会社(SICAF)

私的有限責任会社(SARL)

公開有限責任会社(SA)

株式合資会社(SCA)

公開有限責任会社の形態による協同組合(SCoSA)

リミテッドパートナーシップ(SCS)

特例有限責任事業組合(SCP)

共通ファンド(SCP)
構造体は、オープンエンド型とクローズエンド型があります。

可変資本投資会社(SICAV)

固定資本投資会社(SICAF)

私的有限責任会社(SARL)

公開有限責任会社(SA)

株式合資会社(SCA)

公開有限責任会社の形態による協同組合(SCoSA)

リミテッドパートナーシップ(SCS)

特例有限責任事業組合(SCP)

共通ファンド(SCP)
分離型サブファンドはい。はい。
カストディアンの要件ルクセンブルクで設立された場合は、はい。ルクセンブルクで設立された場合は、はい。
マスターフィーダーファンドはい。はい。
中央管理部門 中央管理部門はルクセンブルグにあること。中央管理部門はルクセンブルグにあること。
対象となる投資家十分な知識を持った投資家のみに限定しています。十分な知識を持った投資家のみに限定しています。
発行書類要件発行文書発行文書
最大株主数制限なし制限なし
必要なサービスプロバイダー/預託先はい、SICAR 法に基づく預託機関です。 AIFM法に基づく預託機関です。
最低株主数最小値なし 最低限
最低資本金法人化後12ヶ月以内に125万ユーロを達成すること。法人化後12ヶ月以内に100万ユーロを達成
登録の必要性SICAVまたはSICAFとして登録されている場合、または共通ファンド(FCP)の管理はルクセンブルグでなければなりません。

AIFMと役員の国籍・居住地不問。 AIFMの役員2名以上がルクセンブルグに在住している必要があります。
ルクセンブルグに登録事務所があること。 取締役の国籍・居住地不問。
ポートフォリオマネジメント ポートフォリオ管理機能は、AIFMDおよび欧州委員会委譲規則EU No 231/2013により規制されています。

ポートフォリオ管理は、特定の第三国体制の下で非EUのAIFMが行うことができる。
資産運用会社の現地規制の下でのポートフォリオ管理。

ポートフォリオ管理は、特定の第三国体制の下で非EUのAIFMが行うことができる。

AIFに該当しないSICARの場合、ポートフォリオ管理機能は現地の規制の対象となり、監督当局間の取り決めも可能です。
純資産額 いいえ少なくとも年1回の報告に必要な純資産額。
借入の制限はい。はい。
リストアップ ただし、投資家資格については、一定のルールがあります。ただし、投資家資格については、一定のルールがあります。
監査要件はい。はい。
配当金分配 配当金の分配は目論見書に記載する必要があります。 SICAVとFCPについては、資本シェアを維持する限り、実現した結果にかかわらず分配を行わなければならない。

SICAFはSAまたはSCAとして組織され、最終的な配当金の分配は商法に従います。

SA、SCA、SARLは、商法の法定要件に従った配当が必要です。
配当金の分配は、目論見書と定款に記載する必要があります。

中間配当は最終的なものではなく、最低資本金要件やその他の構成要素の遵守を除き、特定の規制の制約を受けるものではありません。

法人所得税RAIFがリスクキャピタルに投資していない限り、ルール上、ノーである。 完全課税、リスクキャピタル免除。
二重課税防止条約対象企業の管轄区域による。 対象企業の管轄区域による。
加入税ルール上、そうです。 いいえ
Capital Gains Taxいいえいいえ
富裕税いいえいいえ
利益配分に関する源泉徴収税いいえいいえ
利息に対する源泉徴収税いいえ、EUの保存指令のケースを除きます。いいえ、EUの保存指令のケースを除きます。
付加価値税はい、ただし一定の例外を除きます。はい、ただし一定の例外を除きます。

投資ファンドの設立に最適なルクセンブルク

リザーブド・オルタナティブ投資ファンド(RAIF)とリスクキャピタル投資会社(SICAR)は、欧州連合内外の外国人投資家やファンドイニシエーターから高い評価を受け続けています。 これらのファンド構造は、投資家を最大限に保護しながら、投資家に最高の投資ツールを提供するために常に進化している、日本の優れた法律と規制の枠組みに支えられています。

ダマリオンは、ルクセンブルグをはじめ世界各地で資産拡大を目指す外国人投資家に、投資ファンドやオルタナティブ投資ファンドに関する専門的なコンサルティング・ソリューションを提供しています。 当社の広範なグローバルサービスネットワークは、当社の専門知識を世界中のイニシエーターに広げることができます。 私たちは、法人や個人投資家の皆様に、会社設立、ファンド設立、投資最適化、税務に関するアドバイスなど、最適な戦略をご提案します。 詳しくは、ダマリオンエキスパートにお問い合わせください。

本情報は、個別の税務・法務に関するアドバイスに代わるものではありません。 お客様の具体的な状況については、有資格の税務・法務アドバイザーにご相談されることをお勧めします。