ページを選択

ダマリオンオーストラリアデスク

オーストラリアでビジネスをする

世界で最も裕福な国のひとつとされるオーストラリアは、投資やビジネスを行う上で、安定した、容易でリスクの少ない環境を提供しています。

オーストラリアは先進国であり、さまざまな産業でさまざまな投資機会を得ることができます。 成長著しいアジア太平洋地域に戦略的に位置することに加え、豊富な天然資源を背景に経済が活発であること。

オーストラリアは、世界で最も起業しやすい国のひとつと評価されています。 また、世界で最も強力で競争力のある経済の一つであり、アジア太平洋地域における圧倒的な金融センターでもあります。

参入のハードルが低く、法律や企業の枠組みが充実しており、優れたビジネス文化があるため、進出を考えている企業にとって魅力的な国です。 また、トップクラスの信用調査機関から「トリプルA」の信用格付けを獲得しており、低リスクの経済圏として位置づけられています。

一般的に、オーストラリアは外国人投資家にとって有利なビジネス環境を提供しており、ビジネスや投資を行う上で魅力的な場所となる様々な特典があります。

オーストラリアでビジネスをするメリット

オーストラリアは、先進的で安定した経済であり、事業の設立や拡大を目指す企業にとって、さまざまなメリットがあります。 ここでは、オーストラリアでビジネスを行う際の主なメリットをご紹介します:

    • オーストラリアは、一人当たりのGDPが高く、インフレ率が低く、失業率が低いなど、経済が強く安定している。 また、世界銀行による「ビジネスのしやすさ」でも上位にランクされています。
    • オーストラリアは、高度な技術と教育を受けた労働力を有し、イノベーションとテクノロジーに強い関心を寄せています。 また、生活水準も高く、熟練労働者にとって魅力的な国です。
    • オーストラリアは、交通網、通信網、エネルギー網が発達しており、近代的で効率的なインフラを有しています。 これにより、企業は国内外にいる顧客やサプライヤーと簡単につながることができるようになりました。
    • オーストラリア政府は、ビジネスの成長とイノベーションを支援するために、税制優遇措置、助成金、資金提供プログラムなど、さまざまな政策を実施しています。 また、国際市場への進出を目指す企業には、政府からの支援もあります。
    • オーストラリアは経済が安定しており、法の支配が強く、透明性の高い規制があり、汚職のレベルも低い。 同国は金融システムが確立されており、世界最大級の銀行や金融機関が存在する。
    • オーストラリアの経済は、さまざまな産業に分散しています。 このため、投資家はさまざまなセクターへの投資機会を得ることができます。
    • オーストラリアは、強固な民主主義と平和的な権力移譲の伝統により、安定した政治環境を有しています。 また、国際市場への進出を目指す企業には、政府からの支援もあります。
リーガルシステム

オーストラリアは法制度が発達しており、安定的で予測可能なビジネス環境を提供しています。 オーストラリアの法制度は、イギリスやニュージーランドの法制度に似たコモンロー制を採用しており、オーストラリア高等法院を最終的な上訴裁判所としています。

オーストラリアの法制度の主な特徴として、連邦政府の枠組みや権限を定めたオーストラリア憲法、連邦法と州法、裁判制度、コモンロー、三権分立などがあります。

また、オーストラリアの法制度は、商標、特許、著作権などの知的財産を強力に保護するものです。

海外投資

様々な産業で様々な機会を提供し、外国投資先として人気のあるオーストラリアは、一般的に外国直接投資(FDI)を歓迎し、外国投資のための枠組みが確立されています。 オーストラリア政府は外国からの投資を積極的に推進し、投資家を惹きつけるためのさまざまなインセンティブを提供しています。

外国からの投資は、外国投資審査委員会(FIRB)によって規制されています。FIRBは、提案された投資が国益にかなうかどうか、さまざまな基準で評価します。 機密性の高い産業への投資や一定の金額以上の投資など、特定の種類の投資についてはFIRBの承認が必要です。

外国からの投資は非常に奨励されていますが、投資家の種類、他の外国人投資家の投資の種類、産業分野、提案された投資の金額、提案の性質、追加の国家安全保障審査などに応じて、特定の種類の投資について承認が義務付けられています。

オーストラリアでの法的形態

オーストラリアでは、起業家のニーズ、目標、好みに応じて、いくつかの異なるビジネス構造を選択することができます。 オーストラリアで最も一般的なビジネス構造は、以下の通りです:

個人事業主

オーストラリアで一人で経営している企業です。

特徴

  • オーストラリアで最もシンプルで一般的な事業形態です。
  • それは、オーナーが負債や法的問題を含むビジネスのすべての側面に責任を持つことです
  • そのオーナーは、ビジネスの収入と支出を確定申告で報告しています。
  • セットアップも操作も簡単です。

パートナーシップ

パートナーシップは、利益と損失を共有する2人以上の人々によって所有され、運営される事業である。

特徴

  • パートナーシップには、一般的なものと有限なものがあります。
  • 各パートナーは、ビジネスの負債や法的問題に対して個人的に責任を負う。
  • パートナーは、パートナーシップの収入のうち、自分の取り分を確定申告で報告する
  • パートナーシップは、各パートナーの役割、責任、意思決定プロセスを概説する必要がある。

会社概要

所有者(株主)とは別法人です。 会社は、所有会社(Pty Ltd)または公開会社(Ltd)のいずれかになります。

特徴

  • 所有者(株主)とは別法人である
  • 株主は有限責任であるため、法的な問題が発生した場合でも、その資産は保護されます。
  • オーストラリア証券投資委員会(ASIC)に登録されていること。
  • 取締役は会社の日常業務を管理し、法的義務を遵守する責任がある

信頼

これは、個人(受託者)が他人(受益者)の利益のために資産を保有し、監督する法的な取り決めを指します。

特徴

  • 家族信託や一任信託など、信託には様々な種類があります
  • 受益者が信託から収益および/または資本分配を受ける。
  • 受託者は、法的義務を遵守し、信託の資産を管理する責任を負います。

コーポラティブ

協同組合は、利益を共有し、平等な議決権を持つ組合員によって所有・運営される事業である。

特徴

  • 協同組合は、会社、協同組合、法人格のない団体として登録することができます
  • その会員は、事業への関与の度合いに応じて配当を受けることができる
  • その組合員は、議決権を通じて協同組合の運営に意見を述べることができます。

支社

外国企業が外国で独立した法人を設立して事業を行う事業形態の一種です。

特徴

  • 支店は、親会社とは別の法人ではありません。
  • オーストラリア証券投資委員会(ASIC)に登録され、オーストラリア企業法に準拠する必要があります。
  • 親会社と同じ名称を使用し、末尾に「Australia」を追加する必要があります。
  • オーストラリアの居住者である取締役が1名以上いること。
  • 報告すること:支店は、ASICとATOに年次で財務報告書を提出することが義務付けられています。

オーストラリアで事業形態を選択する場合、税制、責任、管理、継続的なコストなどの要素を考慮することが重要です。 そのため、専門家のアドバイスを受けながら、特定のニーズに最も適したビジネス構造を決定することをお勧めします。 オーストラリアでの会社設立は、今すぐダマリオン専門家にご相談ください。

バンキング

オーストラリアは、国内銀行、国際銀行、信用組合、ビルディング・ソサエティが混在し、高度で発達した銀行システムを有しています。 また、オーストラリア健全性規制庁(APRA)およびオーストラリア準備銀行(RBA)の規制を受けています。

オーストラリアの銀行の主な特徴として、以下のようなものがあります:

主要銀行

オーストラリアの銀行システムは、銀行業界の資産、預金、利益の大部分を占める4大銀行によって支配されています。 また、4大銀行が業界を支配している一方で、多くの中小銀行、信用組合、ビルディングソサエティが消費者に競争と選択肢を提供しています。

オーストラリアにおける銀行商品・サービス

オーストラリアの銀行は、普通預金、定期預金、クレジットカード、個人ローン、住宅ローン、ビジネスローンなど、幅広い銀行商品とサービスを提供しています。 また、銀行は、オンラインバンキング、モバイルバンキング、デジタルウォレットなど、さまざまなデジタルバンキングのオプションを提供しています。

規制と消費者保護

オーストラリアの銀行システムは、安全性と安定性を保証するために構築された大きな規制の枠にはまりやすい。 銀行は、オーストラリア消費者法や銀行業務規程など、さまざまな消費者保護法を遵守することが求められています。

オーストラリアで銀行口座を開設する

ライフスタイルやビジネスでオーストラリアに移住する場合、まず必要となるのが、財政を整えるための銀行口座です。

口座開設の際、最も重要な条件は有効な書類であり、銀行口座のための書類に関しては、オーストラリアの銀行はポイント制を採用しています。 書類のリストがあり、それぞれに決められた点数が割り当てられています。 オーストラリアの銀行口座を開設するためには、申請者はいくつかの書類を提示し、それを合計して100ポイントを獲得する必要があります。 オーストラリア政府が採用した本人確認システムで、不正行為に対抗するために構築されたものです。

多くの場合、申請者は、写真付き一次身分証明書1点(写真付きでない一次身分証明書1点で代用可能)と、最近の公共料金の請求書、紙の運転免許証、オーストラリア税務署からの通知などの二次身分証明書1点を提出するだけでよいでしょう。

ポイント制を満たせば、あとは非常にわかりやすくなります。

また、銀行によって異なりますが、オーストラリアの銀行口座開設の手続きをオンラインで開始することができます。

ストレスをためないためにも、今すぐダマリオンの専門家にご連絡ください。

IMMIGRATION

オーストラリアでの生活はユニークです。 オーストラリアは、多様な文化、ゆったりとしたライフスタイル、そして大自然に恵まれた素晴らしい国です。

オーストラリアへの移住を予定している場合、具体的な手続きが必要です。 在留資格を取得し、正式にオーストラリアに移住する必要があります。

オーストラリア居住の種類

オーストラリアの居住権を取得するには、以下のような方法があります:

  • 技能移住:年齢、職務経験、学歴など、一定の資格基準を満たすことが必要です。 また、申請者は技能移住ポイントテストにおけるポイント基準値を満たす必要があります。
  • 家族移住:オーストラリア国籍または永住権を持つパートナー、配偶者、家族がいる方が対象です。 パートナー、子供、両親、その他一部の親族も含まれます。
  • ビジネス移住:オーストラリアでビジネスを立ち上げたい、または投資したい個人のためのオプションです。 これには、起業家、投資家、ビジネスオーナーのためのオプションを提供する「ビジネス革新投資プログラム」が含まれます。
  • 人道支援・難民支援プログラム:自国での迫害や紛争から逃れてきた人たちのためのプログラムです。

その他の特別なプログラムとしては、グローバルタレントビザプログラムがあり、特定の産業で高い技能を持つ人がオーストラリアの居住権を取得するための合理的な経路を提供しています。

オーストラリア永住権

オーストラリアの永住権は、特定のビザ保持者に承認されます。 オーストラリアには、ビジネス・ストリーム、ファミリー・ストリーム、スペシャル・エリジビリティー・ストリーム、ワーク・ストリーム、チャイルド・ストリームといった永住権取得のためのプログラムがあります。

オーストラリアの居住権取得を目指す外国人の方は、専門家のアドバイスや指導を受けながら、申請手続きを進めることをお勧めします。 今すぐダマリオンの専門家にご相談ください。

税制

オーストラリアの税制は比較的わかりやすく、ビジネスに適しています。単一の国税庁であるオーストラリア税務局(ATO)が、すべての連邦税を管理しています。

タックス・レジデンシー

オーストラリア連邦政府は、居住者には全世界の所得に対して、非居住者にはオーストラリアで源泉徴収された所得に対して課税する権限を有しています。

オーストラリアの法律は、個人または法人が税法上の居住者であるかどうかを特定し、それに応じて課税するために、居住に関する一定の規則で構成されています。

オーストラリアの主な税金の種類

法人税等

所得税は、個人や企業などの所得に対して課される税金です。 所得税は、オーストラリアで最も重要な課税形態であり、連邦政府がATOを通じて徴収しています。 税率は累進課税で、所得の高い人ほど高い税率を支払うことになります。

法人税

法人税は、企業や事業者が純利益に対して支払うものですが、企業の損失は次の会計年度に繰り越されます。 オーストラリアの法人税は一律30%(中小企業は25%)で課税されます。 法人税は、企業の利益に対して法人税率で支払われ、企業が繰り越した保存利益に加えて、一般的に分配が可能です。

物品およびサービス税(GST)

オーストラリアにおけるほとんどの商品・サービスの供給に対して課される税金です。 オーストラリアの現在のGSTの税率は10%です。 GSTに登録された企業は、政府に代わって税金を徴収し、ATOに送金する必要があります。

キャピタルゲイン税(CGT)

CGTとは、不動産や株式などの資産を売却して得た利益に対して課される税金です。 税金がかかるのは売却益のみで、売却額全体ではありません。 CGTの支払い額を減らすために、いくつかの免除や譲歩が用意されています。

フリンジベネフィット税(FBT)

FBTは、社用車や健康保険、接待など、従業員に提供される非現金給付に対する税金です。 雇用主は、従業員に代わってFBTを支払う責任がある。

スーパーアニュエーション

スーパーアニュエーションは、退職貯蓄口座に支払われる所得にかかる税金の一種です。 雇用主は、従業員の収入の一定割合をスーパーアニュエーション口座に拠出することが義務付けられています。

物品税

物品税とは、燃料、アルコール、タバコなど、特定の商品に対して課される税金です。 この税金は商品の価格に含まれており、商品の製造者または輸入者が支払います。

固定資産税

オーストラリアには、不動産購入時の印紙税、投資物件にかかる土地税、すべての物件にかかるカウンシルレートなど、いくつかの固定資産税があります。

租税条約

オーストラリアは、アルゼンチン、インドネシア、フィリピン、アルバ、アイルランド、ポーランド、オーストリア、マン島、ルーマニア、ベルギー、イスラエル、ロシア、英領バージン諸島、イタリア、サモア、カナダ、日本、シンガポール、チリ、ジャージー、スロバキア、中国、キリバス、南アフリカ、クック諸島などの国々と租税条約を締結しています、韓国、スペイン、チェコ、マレーシア、スリランカ、デンマーク、マルタ、スウェーデン、フィジー、マーシャル諸島、スイス、フィンランド、モーリシャス台湾、フランス、メキシコ、タイ、ドイツ、オランダ、トルコ、ガーンジー、ニュージーランド、英国、ハンガリー、ノルウェー、米国、インド、パプアニューギニア、ベトナム

これらの条約は、二重課税の防止、国際貿易と投資の促進、納税者の確実性の向上を目的としています。

オーストラリアにおける租税条約の主な特徴は、二重課税の回避、情報交換、租税回避防止措置などである。

オーストラリアの税制は複雑であるため、すべての納税義務を遵守するためには、専門家のアドバイスを受けることが重要であることに留意してください。

知的財産

知的財産(IP)とは、心の創造物のことで、名称、創作物、アイデアなど、何でもありです。 オーストラリアでは、知的財産はさまざまな法律や規制によって保護されており、商標、特許、著作権デザイン、植物育種家の権利など、さまざまな分野に及んでいます。

オーストラリアでは、いくつかの種類の知的財産権が認められ、法律の下で保護されています。 ここでは、主な種類を紹介します:

特許

  • 特許は、新しい製品やプロセスなどの発明を保護するために付与されます。
  • オーストラリアで特許を取得するためには、発明が新しく、進歩性があり、産業上利用できるものでなければなりません。
  • 特許は、その発明を一定期間、製造、使用、販売する独占的な権利を所有者に与えるものです。 保護期間は、特許の種類によって異なります。

商標について

  • 商標は、ある事業者の商品またはサービスを他の事業者のものと区別するために使用されます。
  • 商標には、単語、フレーズ、ロゴ、またはこれらの組み合わせがあります。
  • オーストラリアでは、知的財産権を管理する政府機関であるIPオーストラリアに商標を登録することができます。
  • 商標は、登録された商品または役務についてその商標を使用する独占的な権利を所有者に与えるものです。
  • 商標はIP Australiaに10年間登録され、無期限で更新可能です。

著作権について

  • 著作権は、文学、音楽、美術、コンピュータプログラムなど、独創的な創作物を保護するものです。
  • 著作権の保護は、著作物が創作されたときに自動的に発生し、所有者に著作物を複製、出版、公衆に伝達する排他的権利を与えるものです。
  • 著作権の保護期間は、作品の種類によって異なります。

デザイン

  • デザインは、製品の形状、模様、構成などの外観を保護するものです。
  • オーストラリアで意匠登録されるためには、意匠が新しく、かつ特徴的であることが必要です。
  • 意匠登録は、所有者に一定期間、その意匠を独占的に使用、ライセンス、販売する権利を与えるものです。
  • 登録された意匠は、所有者に5年間の独占的な使用権、ライセンス権、販売権を与え、合計で15年まで更新することができます。

植物育種家の権利

  • 植物育種権(PBR)は、明確で均一、かつ安定した新しい植物品種を保護するものです。
  • オーストラリアにおける植物育種家の権利は、1994年に制定された植物育種家権利法によって保護されています。
  • PBRは、ほとんどの植物種で20年間、つる性植物と樹木で25年間、その品種を生産、販売、ライセンスする独占的な権利を所有者に与えるものです。

トレード・シークレット

  • 営業秘密とは、顧客リストや価格戦略など、ビジネスに競争優位性をもたらす機密情報を指します。
  • オーストラリアにおける営業秘密は、登録によって保護されるのではなく、コモンローや契約法の下で保護されます。

オーストラリアの知的財産制度は、創造的で革新的な作品を幅広く保護するための枠組みを提供しています。 そのため、個人や企業は、知的財産権を理解し、必要に応じて専門家のアドバイスを受け、知的財産が適切に保護されるようにすることが重要です。

ろうし

オーストラリアには包括的な雇用法制度があり、フェアワーク・オンブズマンがこれを執行しています。

オーストラリアでは、労働と雇用は連邦法と州法の組み合わせによって規制されています。これらの法律は一般に、従業員の権利を保護し、職場の安全、公正、公平を確保することを目的としています。

雇用契約

雇用契約は、仕事の内容、労働時間、給与、福利厚生、通知期間など、雇用の条件を定めたものです。 オーストラリアでは、契約は書面でも口頭でも可能ですが、書面での契約の方が一般的です。

オーストラリアでは、一般的に使用される雇用契約にはいくつかの種類があります。 これらは、以下の通りです。

  • 永久雇用契約:オーストラリアで最も一般的な雇用契約であり、従業員が継続的に無期限で雇用されるものです。
  • 有期雇用契約:従業員を一定期間雇用し、終了日が決まっている契約です。
  • カジュアル雇用契約:継続的な仕事を保証することなく、必要に応じて従業員を従事させる契約です。 カジュアル社員は、有給休暇や解雇予告などの特定の権利を利用することはできませんが、通常、それを補うために高い時給を受け取ることができます。
  • パートタイム雇用契約:これは、従業員がフルタイムよりも短い時間、通常、定期的に働く契約である。 パートタイム従業員には、フルタイム従業員と同じ権利が日割りで与えられます。
  • Independent Contractor Agreement:個人が自営業の契約者として企業のために仕事を行うことを約束する契約です。 独立した契約社員は、税金や退職金の支払い義務があり、有給休暇などの特定の権利を得ることはできません。

オーストラリアでの雇用補償、権利、手当は以下の通りです:

  • 最低賃金フェアワーク委員会は、オーストラリアの全従業員に対する全国最低賃金を定めています。 最低賃金は毎年見直され、インフレ率や経済状態などの要因を考慮して決定されます。
  • 労働時間:フェアワーク法では、オーストラリアでは従業員の最大労働時間は週38時間(1日7.6時間)とされています。 しかし、雇用主は従業員に合理的な時間外労働(オーバータイム)を要求することができ、その場合は割増賃金の対象となる。
  • 職場の健康と安全:雇用主は、従業員に安全で健康的な職場を提供する義務があります。 これには、トレーニングや機器の提供、リスクアセスメントの実施、事故や危険の報告といったことが含まれます。
  • 差別:オーストラリアでは、人種、性別、年齢、その他の個人的特徴に基づき、誰かを差別することは違法とされています。 雇用主は、職場における差別を防止する義務を負っています。
  • 年次有給休暇:フルタイムおよびパートタイム従業員は、少なくとも年4週間の年次有給休暇を取得する権利があります。一方、カジュアル従業員は、有給休暇の権利の不足を補うために、時間給に応じたローディングを受けます。
  • 有給コンパッショナート休暇:従業員は、生命を脅かす病気や怪我に苦しむ家族または世帯の一員、または亡くなった人を看取るために、有給コンパッショナート休暇を取得する権利があります。
  • 有給育児休暇:対象となる従業員は、最長18週間、国の最低賃金で有給育児休暇を取得することができます。
  • 病気休暇:フルタイム従業員は有給の病気休暇を取得する権利があります。 オーストラリアの従業員は、病気や緊急事態に直面した肉親をサポートするために有給休暇を取得することもできます。
  • スーパーアニュエーション:雇用主は、従業員の通常時の収入の最低10%をスーパーアニュエーション基金に拠出することが義務付けられています。
  • 労働者災害補償:雇用主は、業務上の怪我や病気の際に従業員をカバーするために労働者災害補償保険を提供することが義務付けられています。
  • 解雇と退職:雇用の終了は公正な判断に基づく必要があるため、人種、性別、年齢、病気による欠勤や12カ月間で3カ月未満の場合などの理由で禁止されています。 不当な解雇を受けたと考える従業員は、フェアワーク委員会に苦情を申し立てることができます。 委員会は、解雇が不当であると判断した場合、復職または補償を命じることができる。

雇用者と従業員の間で交渉される追加的な福利厚生には、健康保険、追加の休暇、法律で定められた以上の柔軟な勤務形態などがあります。

オーストラリア市場への参入をお考えですか?

あなたのダマリオンの専門家がお手伝いします。 オーストラリアでの会社設立、銀行口座開設、投資などをご案内できるノウハウを持っています。 また、コンプライアンス、企業管理、会計、税務、給与計算サポートなど、ビジネスソリューションも全国で提供しています。

オーストラリアでの法人登記は、今すぐお問い合わせください。

6 + 1 =

Damalion Australia Deskについてもっと知りたいですか?

ダマリオンは、お客様のビジネスに関わる分野の専門家が直接アドバイスを行います。https://web.prod.ndident.com/web/dashboard?ta_id=10063&location_id=28930

お客様のご要望を確認し、8時間以内にお返事できるよう、最善の情報をご提供ください。