ページを選択

ダマリオン・カタールデスク

カタールでのビジネスについて

カタールは、中東に位置する小さくても豊かな国です。 経済が発展し、豊かな文化遺産があり、贅沢な暮らしができる国です。

カタールは政治的に安定していることで知られ、強力で安定した政府があります。 また、国連や世界貿易機関など複数の国際機関に加盟しており、国際基準の遵守を徹底しています。

カタールでのビジネスは、外国企業にとって有利な機会となり得ます。 石油やガスなどの豊富な天然資源を背景に、世界で最も豊かな国のひとつに数えられている国です。 また、この地域でプレゼンスを確立しようとする企業にとっても、多くの利点があります。

カタールは、戦略的立地、ビジネスフレンドリーな環境、政治的安定性、生活の質の高さなど、この地域で事業展開しようとする企業にとってさまざまなメリットを提供しています。

カタールでのビジネス展開のメリット

  • カタールは、低い税率や合理的なビジネス規制など、ビジネスに適した環境を提供しています。 また、政府は新しい投資法の導入など、外国からの投資を促進するためのいくつかのイニシアチブを実施しました。
  • カタールは、世界で最も急速に経済が成長している国のひとつです。 また、医療、教育、インフラが充実しており、生活の質が高い国として知られています。
  • カタールは多文化社会であり、多様な人々が暮らしています。 この多様性が、さまざまなバックグラウンドを持つ人々を歓迎し、受け入れる、活気に満ちたダイナミックなビジネス環境を作り出しているのです。
  • カタールはアジア、ヨーロッパ、アフリカの間に戦略的に位置し、この地域で事業を展開しようとする企業にとって理想的な立地です。 また、湾岸協力会議(GCC)をはじめとする中東地域へのゲートウェイとしての位置づけもあります。
  • カタールは、成長する経済を支えるために、インフラや施設に多額の投資をしてきました。 世界トップクラスの交通、通信、医療システム、そして近代的で設備の整った工業団地やビジネスパークを有しています。
  • カタールは高度な技術と教育を受けた労働力を有し、国の経済成長を支えるために地元の人材の育成に力を入れています。 また、世界中から熟練した外国人労働者が集まっています。
  • カタールは安定した平和な国であり、ビジネス環境は良好で、犯罪率も低い。 政府は、経済成長を支援し、外国からの投資を誘致することを約束します。
リーガルシステム

カタールの法制度は、イスラム法、エジプト民法、フランス民法を組み合わせたものに基づいています。

同国の法制度は、法務省が監督しており、法務省が法令の起草、司法の運営、イスラムの原則に基づく法制度の運用を担っています。

カタールではイスラム法が主要な法体系であり、民法や規則の解釈に用いられています。

また、カタールには民事裁判所とシャリア裁判所からなる二重の裁判制度があります。

民事裁判は民事や商業の紛争を扱い、シャリア裁判は家族法や個人の地位に関する問題を扱います。

カタールへの海外投資

カタールは外国からの投資にオープンであり、外国企業を誘致するためのいくつかのイニシアチブを実施しています。 政府は、いくつかのフリーゾーンや投資優遇措置を設け、ビジネス規制を合理化することで、外国人投資家が同国に拠点を構えやすくしています。

外国人投資家は、エネルギー、不動産、金融など、カタールの幅広い分野に投資することができます。

また、カタール外国投資法では、外国人投資家は、合弁事業体の資本の51%以上を保有するカタール人パートナーがいて、その会社が商業会社法の規定に一致して設立されていれば、ほとんどの国民経済部門に投資することができます。

外国人投資家は、カタール金融センター(QFC)やカタール科学技術パーク(QSTP)など、国内のフリーゾーンに拠点を構えることもできます。 これらのフリーゾーンは、外国人投資家に対してさまざまな優遇措置や特典を提供しています。

カタールにおける事業体選択

カタールでのビジネスを検討している外国人投資家は、同国での事業確立のためにいくつかの事業構造の選択肢を用意しています。

カタールでは、最もポピュラーな事業形態です:

カタール有限責任会社(LLC)

LLCは独立した法人であり、カタールではその所有者に限定的な責任保護を提供します。

特徴

  • LLCは最低2人の株主が必要です
  • 50名までの株主を持つことができます。
  • 外国人投資家はLLCの49%まで所有でき、残りの51%はカタール人またはカタール所有の会社が所有します。
  • LLCは独立した法人であるため、契約の締結、訴えたり訴えられたりすることができ、その名義で財産を所有することができます。

カタールでの合弁事業

ジョイントベンチャーは、独立した法人であり、その所有者には限定的な責任保護が提供されます。

特徴

  • カタールのパートナーは合弁会社の51%以上を所有する必要があり、外国人投資家は49%までの所有が可能です。
  • ジョイントベンチャーは商工省に登録する必要がある
  • また、提携の条件をまとめた合弁契約書を作成する必要があります。

カタールのフリーゾーン企業

外国人投資家は、国内のフリーゾーンにフリーゾーン会社を設立することもできます。 フリーゾーン企業は、独立した法人であり、100%外国人の所有権、税金の免除、合理的な規制を提供しています。

特徴

  • 100%外国人所有権を提供する別法人です。
  • フリーゾーン企業は、カタール金融センター(QFC)やカタール科学技術パーク(QSTP)など、指定されたフリーゾーンに立地しています。
  • フリーゾーン企業は、外国人投資家に対して、免税、規制の合理化などの優遇措置を講じています。

カタール支店

支店は独立した法人ではなく、外国企業が完全に所有するものです。

特徴

  • 支店は、現地当局との連絡役となるカタール代理人を任命し、現地規制を遵守する必要があります。
  • 支店はカタールで事業活動を行うことができますが、商業登記で定められた活動に限定されます。
  • カタール政府による恒久的な施設とは見なされていない
  • 経済産業省の認可を受けたものであること

カタールでの事業形態を選択する際には、現地の規制を確実に遵守し、潜在的なリスクを最小限に抑えるために、専門家から法律やビジネスのアドバイスを受けることも重要です。 今すぐダマリオンの専門家にご相談ください。

バンキング

カタールは、金融の安定性の維持と国内の銀行セクターの監督を担うカタール中央銀行(QCB)によって規制されている、発達した銀行システムを備えています。 また、QCBは、カタールの金融政策の設定、通貨の発行、金融機関の規制を担当しています。

カタールの銀行業務の主な特徴は以下の通りです:

バンキングサービス

カタールの銀行は、普通預金や当座預金、ローン、クレジットカード、外国為替、投資商品など、あらゆる種類の銀行サービスを提供しています。 また、多くの銀行がオンラインやモバイルバンキングサービスを提供しており、利便性を高めています。

イスラミックバンキング

カタールではイスラム金融が盛んで、複数のイスラム銀行が運営されています。 イスラム銀行は、利子(リバ)の支払いや受け取り、ハラーム(禁忌)とされる事業への融資を禁止するイスラム法に則って運営されています。

カタールの銀行

カタールの銀行部門は、地元の銀行が中心ですが、いくつかの国際的な銀行も営業しており、個人と企業の双方にさまざまなサービスを提供しています。

カタールの銀行は信用度が高く、多くの銀行が国際的な格付け機関からAランク以上の格付けを取得しています。

また、カタールの銀行は、外貨預金口座や外国為替サービスなど、さまざまな外貨サービスを提供しています。

金融センター

カタール金融センター(QFC)は、ドーハにある金融センターで、銀行、資産運用、保険など、さまざまな金融サービスを提供しています。 QFCは、QFCの開発および規制を監督する責任を負うQFC Authorityによって規制されています。

カタールでの銀行口座開設

カタールで銀行口座を開設するには、個人用、カタールに設立された会社用を問わず、申請者は居住許可証を取得する必要があります。 また、パスポートのコピー、滞在ビザ、写真2枚、毎月の送金額を記載した勤務先からのレターなどの追加書類の提出が必要です。 また、カタールで新たに設立された会社の場合、銀行口座の開設には法人設立証明書が必要となります。

これらがすべて揃えば、銀行口座開設の手続きは簡単です。

全体として、カタールの銀行システムはよく規制され安定しており、個人と企業の両方が利用できる幅広いサービスを提供しています。

IMMIGRATION

高い生活水準、非課税所得、文化の多様性、安全・安心、美しい自然環境。 これらは、カタールに移住することのたくさんのメリットのほんの一部です。

また、カタールに移住して生活する予定がある場合は、現在の居住許可証が必要であり、これにより合法的に自分を認識することも可能になります。

カタールの居住権取得

カタールでの居住権取得に興味がある場合、あなたの状況に応じていくつかの選択肢があります。 カタールでの居住権を取得するための方法をご紹介します:

  • 雇用ビザ:カタールの会社から仕事の依頼がある人のためのビザです。 申請者の雇用主は、雇用ビザを通じてカタールでの滞在をスポンサーすることができます。 このビザは通常、雇用契約期間中有効であり、必要に応じて更新することができます。
  • ビジネスビザ:投資家またはビジネスオーナーのためのビザです。 このビザは、申請者がビジネス活動を行うために、カタールに一定期間入国・滞在することを許可するものです。
  • 家族ビザ:このタイプのビザは、カタールの居住者または市民である家族を持つ個人のためのビザです。 このビザは、本人がカタールの家族と合流し、一定期間滞在することを許可するものです。
  • リタイアメントビザ:60歳以上で、特定の最低月収を有する個人を対象とするものです。 このビザは、退職者としてカタールに住み、そのアメニティを享受することを可能にします。
  • 不動産ビザ:カタールに不動産を所有する個人のためのビザです。 このビザは、申請者が一定期間カタールに居住することを許可するもので、通常、特定の不動産の所有に関連しています。

カタールでの居住権を取得するためには、一定の要件を満たし、申請をサポートする書類を提出する必要があります。 今すぐダマリオンエキスパートにご相談ください。

税制

カタールは、個人所得税や社会保障税がなく、税制面で優遇されています。

カタールは領土課税制度を採用しており、カタールから源泉所得が発生した場合、居住地に関係なくカタールで課税されることになります。

カタールの税制の概要は以下の通りです。

法人所得税

カタールでは、国内で活動する企業が得た利益に対して、一律10%の法人所得税が課されます。 この税金はカタール企業と外国企業の両方に適用されますが、特定の産業や活動には免除や優遇措置が用意されています。

付加価値税(VAT)

カタールのVAT標準税率は5%です。 VATは輸入品を含むほとんどの商品・サービスに適用されますが、医療や教育など、免税やゼロ税率の項目もあります。

源泉徴収税

カタールでは、非居住者に支払われる特定の種類のロイヤルティに対する源泉徴収税がありますが、配当や利息の支払いに対する源泉徴収税はありません。

物品税

カタールは、タバコやエナジードリンクなど、健康や環境に有害とされる特定の商品に対して物品税を導入しています。 物品税の税率は、製品の種類によって異なります。

カタール 租税条約

カタールは、二重課税を回避し、国境を越えた投資を促進するために、他国と複数の租税条約を締結しています。

カタールは、アゼルバイジャン、アルメニア、バルバドス、ベルギー、ベラルーシ、中国、キューバ、クロアチア、キプロス、フランス、ドイツ、ガーンジー、香港、インドネシア、インド、イタリア、日本、ヨルダン、韓国、レバノン、マケドニアを含む80カ国以上と租税条約を締結しています、メキシコ、マレーシア、モロッコ、ネパール、ポルトガル、パキスタン、ロシア、ルーマニア、セネガル、サンマリノ、セイシェル、スリランカ、シンガポール、韓国、スイス、シリア、トルコ、チュニジア、英国、米国、ウクライナ、ベネズエラ、イエメン

これらの租税条約は、一般的に、カタールと相手国の間で税務関連事項に関する協力や情報交換の枠組みを提供し、国境を越えた活動から得られる所得や利益に対する課税のルールを定めることを目的としています。

これらの租税条約の主要な条項には、個人や企業の納税地を決定するためのルール、締約国間の課税権の配分、脱税や回避の防止などが含まれます。

カタールの税制は変更される可能性があることに留意することが重要です。企業は、適用されるすべての税法および規制を確実に遵守するために、資格を有する税務専門家に相談する必要があります。 今すぐダマリオンの専門家にご相談ください。

知的財産

カタールは、知的財産権の保護と執行に関する強力な法的枠組みを有しており、政府はこれらの権利を効果的に保護することにより、イノベーションと創造性を促進することを約束します。

カタールにおける知的財産権(IP)の保護と行使は、以下のような様々な法律や規制によって規定されています:

  • 商標、商号、地理的表示および工業デザインに関する法律(2002年第7号)、
  • 著作権及び関連する権利に関する法律(2002年法律第9号)、
  • 特許および工業デザインに関する法律(2006年第30号)、および
  • 営業秘密およびノウハウの保護に関する法律(2005年法律第26号)。

カタールで利用できる知的財産(IP)保護の種類は以下の通りです:

商標について

  • 商標とは、ある事業者の商品またはサービスを他の事業者のものと区別するための標識または記号のことです。
  • カタールで商標登録が認められる主な条件は、ユニークであること、公序良俗に反していないことです。
  • 商標は、カタールのMEC(商務省)にある商標庁に登録します。
  • カタールでは、商標は商工省に10年間登録することができ、さらに10年間更新することができます。

特許

  • 特許は、新規かつ有用な発明に対して発明者に与えられる法的独占権です。
  • カタールで特許を取得するためには、新規性、進歩性、産業上の利用可能性、公序良俗に反しないことが必要です。
  • 特許は、MECの特許庁に登録されます。
  • カタールでは、特許は毎年更新料を支払うことを条件に、出願日から20年間登録することができます。

工業デザイン

  • 工業デザインとは、製品の形状、色、質感など、装飾的・美的な側面を指す。
  • カタールでは、工業デザインは商工省に登録することができます。
  • 工業デザインは5年間登録でき、さらに5年間の更新が可能で、最長25年まで登録できます。

著作権について

  • 著作権は、書籍、音楽、絵画、ソフトウェアなど、独創的な文学、芸術、科学の著作物を保護します。
  • カタールでは、著作物は創作された瞬間から自動的に保護され、登録は必要ありません。
  • しかし、著作権者は、著作物の所有権を証明し、権利の行使を容易にするために、文化スポーツ省に登録することができます。
  • カタールにおける著作権の保護は、著作者の生涯とその死後50暦年間続き、更新することはできません。

営業秘密

  • 営業秘密とは、顧客リストやマーケティング戦略など、ビジネスに競争優位をもたらす秘密情報のことです。
  • カタールでは、営業秘密はその所有者の財産とみなされています。
  • カタールでは、営業秘密は「営業秘密およびノウハウの保護に関する法律」(2005年第26号)に基づき保護することができます。
  • カタールでは、営業秘密の保護に関する制限期間はありません。

カタールは広範な知的財産権に対して強固な保護を提供しており、同国で活動する企業は、商標、特許、工業デザインの登録や、企業秘密の厳格な機密保持など、自社の知的財産資産を保護するための措置を講じる必要があります。

ろうし

カタールの労働と雇用は、2017年法律第13号で改正された2004年労働法第14号とその施行規則によって規定されています。 労働法は、採用、労働条件、賃金、休暇、解雇、紛争解決に関する規定を含む、国内における雇用者と被雇用者の権利と義務を定めています。

労働法の主な規定は以下の通りです:

雇用契約

雇用主は、従業員に対し、業務内容、契約期間、報酬などの詳細を記載した雇用契約書を提供することが義務付けられています。 契約書はアラビア語で作成し、期間は固定でも無期限でもかまいません。

カタールでは、雇用契約は主に2種類あります:

  • 有期雇用契約について:有期雇用契約とは、雇用期間の開始日と終了日を定めた有期雇用契約のことです。 このタイプの契約は、プロジェクトベースの仕事や一時的なポジションによく使われます。 有期契約の期間は5年以内とし、1回または複数回の更新が可能ですが、合計期間は9年以内とします。
  • 無期限の雇用契約無期限雇用契約は、終了日が決まっていない雇用契約です。 このタイプの契約は、カタールの正社員のポジションでよく使われます。 無期限契約は、当事者の一方が解約することができますが、予告が必要です。 予告期間は勤続年数によって決定され、勤続年数5年未満の場合は最低1週間、勤続年数15年以上の場合は最高2ヶ月の予告が必要です。

有期契約、無期契約ともに書面を作成し、職務内容、労働時間、報酬、休暇などの雇用条件を記載する必要があります。

カタールにおける雇用補償、資格、福利厚生について

  • 労働時間:カタールの標準労働時間は週48時間で、労働時間は、損失や重大な事故を防ぐために必要な場合を除き、1日8時間を超えてはならない。 従業員には週1日の休日が与えられ、それは公式な休息日である金曜日であるべきです。
  • 賃金:労働法では、さまざまな業種の最低賃金が定められており、雇用主は従業員に最低賃金以上の賃金を支払うことが義務付けられています。
  • 年次休暇:従業員は勤続年数5年までは3週間、5年以上は4週間の年次休暇を取得する権利があります。
  • 病気休暇:従業員は年間2週間までの有給の病気休暇を取得することができます。
  • 出産休暇:カタールの女性従業員には、50日間の有給出産休暇が与えられ、出産前後に取得することができます。
  • 勤務終了手当:雇用主での勤務が1年以上終了した従業員は、勤務終了手当を受けることができます。この手当には、謝礼金のほか、航空券や住宅手当などの手当が含まれることがあります。
  • 健康保険:カタールの雇用主は、従業員に健康保険を提供することが義務付けられており、医療や歯科の給付も含まれることがあります。
  • 住宅と教育:雇用主によっては、雇用パッケージの一部として、従業員に住宅や住宅手当を提供する場合があります。 また、雇用主によっては、カタールの学校に通う子供を持つ従業員に対して教育手当を支給する場合もあります。
  • 退職金:雇用主のもとで5年以上の勤務を終えた従業員は、カタール年金基金から支給される年金を受け取る権利があります。

雇用の終了

雇用主は、余剰人員や業績不振など様々な理由で従業員を解雇することができますが、解雇の通知と正当な理由を提示しなければなりません。 理由なく解雇された従業員は、補償を受けることができる。

また、カタールの雇用主は、雇用手当の最低基準を定めた労働法およびその施行規則を遵守することが義務付けられています。 しかし、雇用主によっては、従業員を惹きつけ、維持するために、追加の福利厚生を提供する場合があります。

では、カタール市場への参入を考えているのでしょうか?

ダマリオンは、外国法人のカタールでの事業立ち上げを支援します。 カタールでの会社設立を支援するだけでなく、コンプライアンス、企業管理、会計、税務、給与計算サポートなど、様々なビジネスソリューションをカタール全土で提供しています。

私たちのサービスや、カタール企業の成功のために私たちがどのように支援できるかについてもっと知りたい方は、今すぐ私たちにご連絡ください。

10 + 8 =

Damalion Qatar Deskについてもっと知りたいと思いませんか?

ダマリオンは、お客様のビジネスに関わる分野の専門家が直接アドバイスを行います。https://web.prod.ndident.com/web/dashboard?ta_id=10063&location_id=28930

お客様のご要望を確認し、8時間以内にお返事できるよう、最善の情報をご提供ください。